風邪の予防について

・マスクの効果について
インフルエンザや風邪の多くの原因であるウイルス感染は、基本的に咳やくしゃみによる飛沫感染と接触感染によります。(インフルエンザは一部空気感染によるという報告もあります。)マスクの着用はインフルエンザや風邪の患者さん自らが着用すれば周囲への飛散を防ぐという意味で効果があります。一方風邪を引いていない人が人から感染しないためにマスクを着用するというのは余り効果は期待できません。ただし、マスクを着用することにより鼻腔の温度や湿度を保ち、ウイルスの増殖を防ぐという意味はあると思います。

・手洗いについて
接触感染のルートとしては、バスや電車の吊り革やドアの取っ手、硬貨が重要です。ウイルスは布などの上では15分程度しか生きていませんが、表面が平滑な効果やドアの取っ手などの上では24~48時間生存することがわかっています。ですので、外出から帰ったときや硬貨に触れた後は入念な手洗いが重要です。ただし、手洗いも石鹸と流水で30秒程度洗えばウイルス量は百分の一程度まで減らせます。またアルコール消毒ですと15秒程度手をまんべんなく消毒すれば千分の一までウイルスを減らすことができます。

・うがいについて
うがい薬としてイソジン(ヨード液)うがい液がありますが、水によるうがいと比較したところ、風邪の予防効果は同程度だったと報告されています。一方、今注目されているのは緑茶と紅茶です。カテキンやテアフラビンという抗酸化物質であるポリフェノールの一種が含まれておりウイルス、特にインフルエンザウイルスの増殖を抑制することがわかっています。うがいをしなくとも、頻回に少量ずつ喉を潤すことは喉の乾燥を癒し、さらにウイルスの増殖を弱めることができるのでおすすめです。

ゴキブリアレルギー

北海道にはゴキブリは存在しないと言われてきましたし、実際にゴキブリを見かけることもほとんどありません。これは北海道は冬が寒いので基本的にゴキブリは生息できないためです。ゴキブリは20℃以上で活発となり、25℃を超えると繁殖します。北海道も近年の温暖化や物流の発展によってゴキブリがみられるようになりました。しかしながら、一般家庭ではまだまだ少なく、繁華街などで見かけることが多いと言われています。

北海道でみられるゴキブリはせいぜい2cm以下の虫体のチャバネゴキブリがほとんどで、本州のゴキブリのように飛ぶことはありません。室内への侵入経路としては2㎜程度の平たい隙間があれば、どこからでも通り抜けてきます。窓のさん、天井裏、床下、エアコンダクトなど。

この虫体の破片や糞がアレルゲンであり、これを吸い込んでぜんそくやアレルギー性鼻炎などの原因となります。季節としては、夏を中心に、春から秋までの期間にみられます。

診断は特異的IgE抗体を調べればわかります。治療法は、室内、特に台所の隅々の掃除による環境の改善を行った上で、他が原因の喘息や鼻炎と同じ薬物治療を行います。

慢性じんましんとピロリ菌

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は幼少期に感染し、胃の壁の中に住み着いて、いずれは慢性胃炎から胃がんの原因になることで良く知られています。

一方、蕁麻疹の中でも6週間以上つづくものを慢性じんましんといいますが、この患者さんの中にピロリ菌をもっている患者さんがおり、そういう方を除菌治療すると蕁麻疹が軽快することがいくつも報告されています。

報告者によって結果はまちまちですが、ピロリ菌の除菌がうまくいった方の50%から、中には100%の患者さんでじんましんが軽快したとの報告も出ています。

慢性じんましんは原因がわからないことが多く、ピロリ菌を検査することも有効な手段のひとつになりうるかもしれません。

帯状疱疹ワクチン

帯状疱疹は皮膚に発疹ができて、ピリピリと痛みをともなうものです。これは子どもの頃にかかった水ぼうそう(水痘)のウイルスが体の中の神経に宿っており、疲れがたまっていたり、ストレスにさらされて免疫力が低下したときに、そのウイルスが目を覚まして(活性化)発疹や神経痛を引き起こすというのがそのしくみです。明らかに水ぼうそうにかかったことがないと思っていても、いつのまにか知らないうちに感染しているケースが多いのでほとんどの方の体の中にはこのウイルスが存在します。

さて、症状である発疹は神経に沿って出るため、体の中心部分をまたがって両側に出ることはありません。これが帯状疱疹かどうかを見定めるポイントのひとつです。発疹が徐々に水ぶくれ(水泡)をつくり、その後かさぶた(痂疲)を形成して治癒に向かいます。この際、水ぶくれがつぶれてた場合、その内容液にはたくさんの帯状疱疹ウイルスが含まれているので、これに小さい子どもが触れると水ぼうそう(水痘)を発症しますので注意しましょう。

帯状疱疹は50歳を過ぎた方、あるいは糖尿病を患っていたり、抗がん剤で治療中の方やリウマチや膠原病で免疫抑制剤を使用している方に出やすいので早期発見、早期治療が必要です。治療開始が遅れると、帯状疱疹後神経痛という後遺症に悩まされる可能性があります。

平成28年に水痘弱毒生ワクチンが50歳以上の帯状疱疹の予防にも使用可能となりました(ご希望の方はご相談ください)。ただし、このワクチンは、毒性を弱めているとはいうものの、生ワクチンですので免疫抑制状態にある方は接種できません。もし接種してしまうと、水ぼうそう(水痘)を発症してしまいます。さらに、遺伝子組換えによる帯状疱疹ワクチン(シングリックス)が近々登場する予定です。50歳以上の人に2ヶ月の間をあけて2回筋肉注射をします。